ピアスはレディースものがキュート|あなたらしさを演出

ツーリングに欠かせない

思わぬ落とし穴に注意

バッグの付いたバイク

遠くまでバイクでツーリングに出かける際にはしっかりとした荷物が必要になります。そんな時に便利なのがシートバッグです。バイクの後方部分に取り付けるシートバッグは容量が大きい物を選べば沢山の荷物を運ぶ事が出来ます。これさえあれば快適なツーリングに出かけることができるのですが、いくつか気を付けなければならないこともあります。まずは、急な雨対策。防水加工してあるものもありますがそうでない場合には、すっぽりとシートバッグを包むレインカバーが必要です。次にしっかりと固定するということ。通常はシートバッグに付いている固定ベルトを使用しますが、その際にぐらつきがないか確認が必要です。運転中にバランスが崩れたり、シートバッグの脱落が起こらないように十二分に注意しましょう。また、余ったベルトがマフラーに近かったり接触しないようにするのも、トラブルに巻き込まれないためには必要です。その他にはシートバッグによるカウルの傷も気を付けると良いです。その傷も含めてツーリングの思い出だという方は良いですが、そうでない方はしっかりと注意をしたほうが得策です。方法は簡単でシートバッグと接触する部分に傷防止のシールを貼るだけです。専門のものも売られていますが100均などで売られている養生テープでも十分効果があります。最後に意外と見落としがちなのが、バイクに跨る時です。いつもの感覚で足を上げるとシートバッグにぶつかり折角の愛車をけり倒してしまう可能性がありますので跨る際には細心の注意を忘れないようにしましょう。

ポケットが多い

ドライバー

シートバッグのサイズは、乗っているバイクの大きさによります。大きめサイズのシートバッグだと、なんでも入りますが、バイクが走行中に影響を受けやすくなります。また、バック自体の重さが軽いと、荷物全体が軽くなり、バイクに対する負担が減ります。そのため軽くて丈夫な生地でできたシートバッグが販売されています。シートバッグのデザインなども気になるかもしれませんけど、機能性を重視した方が良いでしょう。また生地が丈夫なものを選ばないと、破れやすくなるため、多少金額が高くても、生地の丈夫なものを購入しましょう。走行中に破れて、中身が飛び出すようなことになれば、後々困りますし、事故の原因となるおそれもあります。そのためシートバッグを購入する前に、中に入れたい荷物を書き出しましょう。入れたい荷物が少なければ、それだけシートバッグの大きさも、小さくてすみます。また、ポケットの多いシートバッグだと、荷物を小分けすることができます。ちょっとした休憩中に使うタオルとかティッシュペーパー、小腹がすいたときに食べるお菓子などをポケットに分けて入れておくと、わざわざ荷物の中を探す手間が省けて便利です。また、できるだけポケットが多く付いているタイプのものを探しましょう。なお、防水式のシートバッグだと、小雨のときにカバーをかけずにすみます。カバーをかけると、風の抵抗を受けやすくなるため、防水式の方がバサバサしなくて良いのではないでしょうか。これは雨が吹き込まないように工夫されています。

便利な物を選びましょう

男の人

シートバッグとはバイクに取り付ける収納用品であり、雨や風に多く当たることが想定されているため普通のバッグよりも丈夫に出来ているという特徴があります。大型のシートバッグならバイクシートに入らない大きな物も運ぶことができるため、持ち運びに便利なアイテムとして評判となっています。シートバッグはバイクショップや雑貨店で購入することができます。どちらのお店でも相場に基づいた価格で販売されていることが多いため、値段に大きな差はありませんがバイク専用のグッズなので、バイクショップといった専門店の方が安く購入できることが多くなっています。また、種類も豊富に取り揃えられていることが多いので、シートバッグの購入は専門店で購入するのがオススメです。シートバッグには多くの種類があり、大きさや機能などが異なっています。人気となっているのは、収納口が大きく開いて、小分け用のポケットが多く付いている物です。収納口が大きく開くと、物をスムーズに出し入れすることができます。また、多くのポケットが付いていると、必要な物を細かく分けて収納できるというメリットがあります。そのため、荷物が多い場合はポケット数の多い物を選ぶのがオススメです。シートバッグの選び方として、バイクに合った大きさの物を選ぶことが挙げられます。バイクの幅よりも大きい物を用いると、上手くバイクに取り付けれなかったり、バランスが悪くなってしまうことがあります。そのため、なるべく幅が合っているシートバッグを選ぶのが良いでしょう。