ピアスはレディースものがキュート|あなたらしさを演出

バイクにつけるバッグ

選び方とお手入れ方法

オートバイ

シートバッグとは、バイクの座席につける形のバッグのことです。バイクで長距離、長期間の移動をするときは、その分荷物も増えることになります。そんなときに重宝するのがシートバッグです。体に負担をかけずに荷物を増やすことができ、バイクにフィットする形なので走りにくくなることもありません。シートバッグを選ぶときは、機能性と大きさを重視して選びましょう。大きさとしては、何泊程度の旅を想定しているかで選び方が変わってきます。一泊程度であれば、30リットル以下でよいですが、それ以上ならば50リットルほどは必要となります。サイズが可変できるものだとなお便利です。旅の途中で増えたお土産や荷物を入れるときにサイズを大きくしたり、旅先で荷物を処分して身軽にしたりといった対応ができます。機能性では、サイズの可変性のほかに、固定するためのベルトは使い勝手がよいか、荷物を運ぶときは運びやすいか、中に荷物は詰めやすく出しやすいかなどがあります。ポケットは多い方が便利です。荷物の出しやすさについては、サイドにもジッパーがあると出し入れしやすくなります。また、財布や携帯、鍵などの貴重品だけを持ち歩けるポーチや鞄が脱着できるとさらに便利です。シートバッグは革でできていることが多いので、革のお手入れ方法に準じてお手入れしなければなりません。革のお手入れは、使う前の保護と毎日の乾拭きが重要です。使う前には防水スプレーをかけ、使ったらその都度乾拭きしておきましょう。

安定性抜群で種類も豊富

オートバイ

バイクツーリングをする上で欠かせないのが荷物の積載ツールですが、まずはタンデムシートに装着するシートバッグを中心に選択すると良いでしょう。バイクの積載ツールはタンクバッグやサイドバッグなどがありますが、シートバッグは安定性に優れており、タンデムシートにもしっかり固定できます。シートバッグは様々な種類が販売されており、容量や形状など目的に合わせて選べます。シートバッグの利点は幅広いタイプのバイクに装着可能なところにあるので、必ず最適なアイテムを見つけられるでしょう。日帰りツーリングに最適なサイズや、ロングツーリングでも十分に対応できるサイズもあります。中にはキャンプツールを収納できる大容量タイプも存在しており、テントやテントシートなども積むことができます。価格は7,000円から20,000円程となっており、機能性が充実したものでも高額にはなりません。ネット通販でも取り扱われているので、通販を利用して気に入ったものを購入するのも良いでしょう。ネット通販であれば発売されている多種多様な製品の中から選択できるため、必ず目当てのものを手にできます。近くの店舗に気に入ったものが無い場合は、ネット通販で購入するのも良い手段です。バイクを持っているならシートバッグは必要不可欠なアイテムとなるので、異なるサイズをいくつか備えておくと良いでしょう。各製品それぞれに高い機能性を持っているためツーリングライフをより充実させてくれます。

ツーリングの際に活用

鞄

バイクに装着するバッグにおいて、便利なのがシートバッグです。シートバッグは収納能力に優れており、ツーリングなどの移動の際に好都合なアイテムです。シートバッグは、バイクの後部に装着する形態の商品です。バイクに装着するバッグの種類はいくつかありますが、その中でも、収納できる容量が大きいのが特徴といえます。また、走行の妨げになりづらい点も評価できるポイントです。加えて、種類次第では背もたれとして使える商品もあります。そのため、長時間の乗車の際に重宝されます。シートバッグはサイズや形態も豊富で、長時間のツーリングタイプの大きなサイズから、15Lくらいの普段使うタイプの商品まであります。シートバッグは一般的に容量がありますが、別に小分けや仕切りポケットが備わっていれば、さらに快適に利用できます。シートバッグは付属のベルトやフック、バックルを使って簡単に装着することができます。シートバッグをバイクにベルトで据付けて、バックルを連結させて調整するだけで大丈夫です。シートバッグの中でも、容量を自由に調整できる商品はさらに実用的です。そのため急に荷物が増えても、十分に収容できます。またシートバッグの中には、レインカバーが付属である商品もあります。そのため、天候不順な場合でも、荷物を心配することなく乗車できます。近年のシートバッグは、オシャレなデザインで、バイクに装着した際にも違和感を感じさせないのも人気の理由です。